基本から応用技まで映像で分かりやすく解説!

▼今すぐ詳細を見たい方は、以下のバナーをクリック▼

短刀取り正面打ち第五教の2つのポイント

合気道の短刀取り正面打ち第五教ができますか?
短刀取り正面打ち第五教(表)のやり方は、まず互いに相半身で構えます。

 

受けが短刀を振りかぶると同時に側面に入身し、受けの肘を制します。(一教から四教とは異なる。)

短刀取り正面打ち第五教のポイント

 

側面に入身して短刀の剣筋から身を外して正面打ちをさばくと、受けの手首関節を上からつかみ、斬り下ろして前進します。

 

 

うつ伏せに抑え、人差し指の付け根で受けの親指の付け根を圧迫し、受けの肘と手首を押し気味にして肘関節を曲げて体重をかけ、手首関節を極めて受けの手を開かせ短刀を取ります。

 

短刀取り正面打ち第五教の裏も表と同じように、相手の側面に入身して相手を制します。

 

手首関節を上からつかみ、手首と肘を制し、転換してうつ伏せに抑え、手首関節を極めて、短刀をとります。

 

 

表も裏も短刀があることを意識しながらて行うことが大切です。

 

短刀取り正面打ち第五教のポイントは、
・しっかり相手の肘を制す
・刃の先から身を外す
この2つです。

 

ポイントをしっかり意識することが重要ですが、わかっていても短刀の怖さもあって難しいことですよね。

 

 

本部道場のDVDなら繰り返し見てポイントを押さえがら練習ができるので、見取り稽古としても最適です。

 

合気道DVD!待望の第2弾がリリース

―合気道体術の研鑽と武器取りの世界―

【合気道本部道場長 植芝充央 指導・監修】


▼詳細は以下の画像をクリック▼



前回の第1弾「合気道上達革命」より細かく体術を解説してあり、これまで解説してこなかった「武器取り」の技を多く収録してあります。(昇級昇段試験に出る技も詳細に解説)

自宅でもできる稽古法も解説してあり、合気道を始めたばかりの方から有段者の方まで勉強になる内容になっています。

コロナ渦の現在において、自宅でDVDを繰り返して見て練習することで、きっと基本の体術や太刀や杖などの武器取りが上手になり、合気道が2倍、3倍楽しくなりますよ。