基本から応用技まで映像で分かりやすく解説!

▼今すぐ詳細を見たい方は、以下のバナーをクリック▼

太刀取り呼吸投げのやり方!技のポイントとは?

合気道の太刀取り技は捌き動作や技のポイント、正しい柄の取り方などの基本を押さえて稽古することが大切です。

 

太刀取り呼吸投げの場合は、受けが太刀を振りかぶると同時に懐に入身し、当て身を入れ、中柄を制して振り下ろして投げます。

太刀取り呼吸投げのやり方

 

以前は必ず当て身を入れ相手の体を崩していましたが、今は当て身を入れたりしません。
当て身を入れるつもりで相手の懐に入って行くようにしなければなりません。

 

 

太刀取り呼吸投げのやり方の一連の流れとしては、相半身に構えます。

 

受けが太刀を振りかぶると同時に、取りはうけの懐に入身し、当て身を入れる(現在は入れない)

 

中柄を握り、一歩すすめて振りかぶり、振り下ろして投げます。

 

 

また、入身は受けの中心、あるいは側面へ体を進める体捌きですが、入身したときに、受けの攻撃線上に体が残らないように後ろ足を引き寄せるようにすることが太刀取り呼吸投げのポイントの一つです。

 

また、中柄を握って振りかぶり、受けを前方へつり出すこともポイントです。

 

その際、攻めてきた相手を捌いて正確に投げるには正しい柄の取り方も大切になってきます。

 

 

入身、転換の体捌きと手捌きを滑らかに行えるように基本を踏まえて、太刀取り呼吸投げの技のポイントを頭ではなく、身体で動きを覚えるまで繰り返し稽古を続けることが進歩への第一歩でしょう。

 

合気道DVD!待望の第2弾がリリース

―合気道体術の研鑽と武器取りの世界―

【合気道本部道場長 植芝充央 指導・監修】


▼詳細は以下のバナーをクリック▼



前回の第1弾「合気道上達革命」より細かく体術を解説してあり、これまで解説してこなかった「武器取り」の技を多く収録してあります。

自宅でもできる稽古法も解説してあり、合気道を始めたばかりの方から有段者の方まで勉強になる内容になっています。

コロナ渦の現在において、自宅でDVDを繰り返して見て練習することで、きっと基本の体術や太刀や杖などの武器取りが上手になり、合気道が2倍、3倍楽しくなりますよ。