転身のやり方

合気道の体さばきに転身があります。
受けの攻撃を回転してかわし、相手の側面に入るのが転換になりますが、これに対して横に体を開いてから回転してかわすのが転身です。

 

転身

 

そんな転身のやり方は、受けが手刀を打って攻撃を仕掛けてきたと同時に後ろ足を開き、その足を軸にして前足を回転させ、相手の体勢を崩していきます。

 

 

例えば、左相半身に構え、受けが横面打ちを打ってきたら、その瞬間に取りは両方の手刀で相手の打ちを制するように当身して、横に1歩出て右足を開きます。

 

 

次に、すかさず左足を軸にして左足を引きながら体を回転させ、同時に受けの打ちを手刀で斬り下ろして、受けの姿勢を崩して自分の体の前に相手を導きます。

 

 

そんな転身のポイントは、前足の動きになります。
左相半身の構えから、後ろ足の右足を斜めに開くように踏み出して、その足を軸にして左足を回転させることで、相手の手刀の攻撃をかわして相手の姿勢を崩していくわけです。

 

 

また、正しい姿勢を保ち、膝を柔らかくすることも大切です。
いずれにしても、攻撃の勢いを利用して、受けを崩すようにしていきましょう。

 

 

片手取りの転身の場合なら、横に一歩出て開き、当身がはいって 掴んだ手を崩していきます。
横面打ちの体捌きと同じようにやるといいでしょう。

 

 

この植芝充央監修の合気道上達革命では、両手、片手取りの転身のやり方やコツ、注意点はもちろん、合わせて知っておきたい横面打ちの体捌きや後ろ両手取りの場合のやり方もDVDの映像で分かりやすく解説してあります。

 

合気道上達革命の詳細を見てみる