基本から応用技まで映像で分かりやすく解説!

▼今すぐ詳細を見たい方は、以下のバナーをクリック▼

座り技呼吸法のポイント

手刀を使って呼吸力を養う代表的な鍛錬技法に座り技呼吸法があります。

 

合気道の呼吸力は、主に手刀を通して発揮され、手刀は掌底部だけではなく、肘より先も含まれます。

座り技呼吸法のポイント

 

座り技呼吸法のやり方は、取りは、肩と肘を落として、両手刀を振りかぶり、手刀を斬り下ろすと跪座で抑えて制します。

 

 

具体的には、正座で相対し、取りは手首を受けに横からつかませます。

 

ここで押し合いをするのではなく、取りは自分の持っている力を下から摺りあげるイメージで手刀を振りかぶります。
このときには肩と肘を落とし、脇をしめて振りかぶるようにします。

 

摺りあげると同時に一歩出して両手刀で斬るような気持ちで、手刀を引かないように伸ばし手刀で抑えます。
そして、受けの腕を引き伸ばすように跪座で抑えます。

 

 

座り技呼吸法のポイント大きく2つあります。
一つは手刀を振りかぶるときに、肩と肘を落として肘を開けないようにして姿勢に気をつけること。

 

二つ目は、手刀を振りかぶり、斬りおろし、跪座で抑える動きを身体の中心で行うことです。
なので、抑えるときには自分の正面に受けの顔があるようになります。

 

座り技呼吸法は、立ち技と合わせて代表的な呼吸力を養成する代表的な鍛錬技法なので、正しい姿勢と全身のまとまった動きで集中した力を出せるように稽古をしていきましょう。

 

お手本を見て効率よく上達したい方へ
TOPへ

 

合気道DVD!待望の第2弾がリリース

―合気道体術の研鑽と武器取りの世界―

【合気道本部道場長 植芝充央 指導・監修】


▼詳細は以下のバナーをクリック▼



前回の第1弾「合気道上達革命」より細かく体術を解説してあり、これまで解説してこなかった「武器取り」の技を多く収録してあります。(昇級昇段試験に出る技も詳細に解説)

自宅でもできる稽古法も解説してあり、合気道を始めたばかりの方から有段者の方まで勉強になる内容になっています。

コロナ渦の現在において、自宅でDVDを繰り返して見て練習することで、きっと基本の体術や太刀や杖などの武器取りが上手になり、合気道が2倍、3倍楽しくなりますよ。