基本から応用技まで映像で分かりやすく解説!

▼今すぐ詳細を見たい方は、以下のバナーをクリック▼

腰投げのポイントとは?

合気道の腰投げが上手くできますか?
腰投げにも、片手、両手、後両手首取りなどがあり、合気道の難しい技の一つです。

 

例えば、両手取り腰投げは、両手で受けの小手を制すると懐に入身して腰に乗せて投げます。

腰投げのポイント

 

両手取り腰投げのやり方としては、取りと受けが逆半身になって構え、受けは相判身で取りの両手首をつかみます。

 

 

取りは、片方の小手を上から、もう一方は下から受けるように小手をつかんだら、下から掴んだ手を突き上げるように伸ばし、後ろ足から懐に入身し、腰を落としながら引き寄せます。

 

受けが腰帯の上を通るように、相手の腰帯より下に自分の腰を落とし、吊るしあげるイメージで相手を腰に乗せます。

 

そして、両膝を伸ばして突きあげていた手を斬り下ろすようにしてそのまま投げます。

 

 

両手取り腰投げのポイントは、受けの小手をつかみ上方に突き上げるように伸ばすことと、腰を落として懐に入身して、受けの腰帯より下に自分の腰を落として張り出し密着し、吊るしあげるイメージで相手を腰に乗せること。

 

また、投げる際の足の歩幅は、肩幅くらい。
しっかり腰を落として、受け身の人はケガをしないように必ず取りの道着をつかみましょう。

 

腰投げのポイントは、両手と片手、後両手首取りなどによってやり方は違いますが、押さえておくべきポイントは共通している部分も多いです

 

 

入る位置だったり、足の歩幅、スタンスなど、正しいやり方で行わないと、思うように相手を腰に乗せることさえできません。

 

この機会に映像で腰投げの一連の流れや正しいやり方、押さえておくべきポイント(コツ)などを見て学べば、お家時間が増えた分、より効率よく上達することができるはずです。

 

TOPへ

 

合気道DVD!待望の第2弾がリリース

―合気道体術の研鑽と武器取りの世界―

【合気道本部道場長 植芝充央 指導・監修】


▼詳細は以下の画像をクリック▼



前回の第1弾「合気道上達革命」より細かく体術を解説してあり、これまで解説してこなかった「武器取り」の技を多く収録してあります。(昇級昇段試験に出る技も詳細に解説)

自宅でもできる稽古法も解説してあり、合気道を始めたばかりの方から有段者の方まで勉強になる内容になっています。

コロナ渦の現在において、自宅でDVDを繰り返して見て練習することで、きっと基本の体術や太刀や杖などの武器取りが上手になり、合気道が2倍、3倍楽しくなりますよ。