基本から応用技まで映像で分かりやすく解説!

▼今すぐ詳細を見たい方は、以下のバナーをクリック▼

入り身投げのコツ

入り身投げが上手く出来ますか?
これは受けの死角に入って、重心移動で受けの力を捌いて崩し投げる技です。

 

 

受けの攻撃に対してさばく動きを体さばきと言いますが、その中で基本となるのが受けの攻撃線を外し、前に進んで背後などの死角に入るのが入身です。

 

 

そして、片手取り入り身投げでは、片手を相手につかませた後に、一足目で受けの背後をとるように深く入身し、入った後は半身になることがポイントです。
このように深く入って、正面や側面から見た時に、受けと重なることを一重身と言います。

 

 

そんな片手取り入り身投げの一連の流れとしては、右相半身に構え、受けに右手首を掴ませるのと同時に、左足を踏み出し受けの背後まで回り込みます。
左手で首を掴んだら、踏み込んだ左足を軸にして素早く首を制しながら転換し、手刀で受けを導き崩します。(※転換とは、半身の構えから前足を一歩踏み出し、その足を軸として体を回転させる動き。)

 

 

そして、右手刀を下に斬り下ろし、首を掴んでいる左手を使い、受けを肩口に導き、右手刀を振りかぶり受けを崩します。
次に右足を大きく一歩踏み出し、手刀を斬り下ろし、投げて残身をとります。
また、手刀を斬り下ろして投げる時には、肘を曲げないように、前に力を出しながら、弧を描くようなイメージで行うのがコツです。

 

 

なお、正面打ちも片手取り入り身投げと同様に、取りが一重身になることがポイントで、正確に相手を崩せる位置までしっかりと入る必要があり、転換、首の持ち方、腕・足の出し方が全て揃ってこそ完璧な入身投げになります。

 

 

真の入身投げをお教えします!

 

合気道上達革命の詳細を見てみる

 

合気道DVD!待望の第2弾がリリース

―合気道体術の研鑽と武器取りの世界―

【合気道本部道場長 植芝充央 指導・監修】


▼詳細は以下のバナーをクリック▼



前回の第1弾「合気道上達革命」より細かく体術を解説してあり、これまで解説してこなかった「武器取り」の技を多く収録してあります。

自宅でもできる稽古法も解説してあり、合気道を始めたばかりの方から有段者の方まで勉強になる内容になっています。

コロナ渦の現在において、自宅でDVDを繰り返して見て練習することで、きっと基本の体術や太刀や杖などの武器取りが上手になり、合気道が2倍、3倍楽しくなりますよ。