十字絡みのやり方!相手を完璧に制する手の取り方とは?

合気道の十字絡みは、相手の両腕を十字に絡ませて肘を極めて投げる技です。
有段者にとっても難しい技の一つになります。

 

十字絡みの重要なポイントになるのが、受けの両腕を絡ませるときの手首の掴み方です。
ですが、その手の取り方、絡め方が今一つわからないという人も多いのではないでしょうか?

 

そんな諸手取り十字絡みのやり方は、半身で相対し受けに左手首を諸手(両手)でつかませます。

 

 

相手が腕を取りにきたのと同時に左足で入身し、つかまれた左手刀を自分の中心で振り上げ、相手の手を取り十字に絡めて前方に投げます。

 

このときは諸手(両手)でつかまれると同時に左手刀を振りかぶり、手刀を自分の中心に導くことで、受けの両手首が目の前にきます。

 

そして、上がってきた受けの右手首を自分の右手で上から掴み、左手で受けの左手首をつかんでからめて、手のひらを返し、右足を踏み込みながら斬り分けた相手の両腕を十字にからめます。

 

 

諸手取り十字絡みの手の取り方は、受けの左手首は左手で、右手首を右手でつかむというように、受けと同じ手でつかみ、両腕をからめるようにするわけです。

 

そして、左手を前方に出して相手の肘を伸ばし、右手は上にあげるようにして斬り分け、右手で受けの右手を押し込むようにして、受けの左ひじを極め崩していきましょう。

 

また、後ろ両手首取り十字絡みの場合は、諸手取りとは違い、下から手を取ってねじりだし相手の腕を十字に絡めるようにします。

 

 

ただ、十字絡みは手の操作ばかり目立ちがちですが、足さばきも大事です。

 

投げるときには腕の力で無理に投げようとせずに、前に行く足の踏み込みの力を上手く使って投げるようにしていきましょう。

 

ちなみに、腕を絡められたまま投げられる十字絡みは、怪我をする危険性も高いので、正しく安全に受けられるようにしておくことも必要です。

 

 

慣れていない人は、腕を十字にしめられた後に前受け身や後ろ受け身でおこなったりしましょう。
怪我にはくれぐれも注意してくださいね。

 

映像なら十字絡み正しい手の取り方もバッチリわかる!

 

合気道上達革命の詳細を見てみる