基本から応用技まで映像で分かりやすく解説!

▼今すぐ詳細を見たい方は、以下のバナーをクリック▼

四教のやり方

合気道の四教が思うように効かせられないで悩んでいませんか?
四教は手首抑えとも呼ばれます。人間にはいくつかの急所がありますが、そのうちの手首にある脈部、あるいは橈骨部を制し、極めて抑える技です。

 

四教のやり方

 

その際には、手首の力に頼るのではなく、体全体の力を集めて急所を制して抑えることがコツです。
そして、正面打ち第四教は第一教と同じように正面打ちを斬り下ろしてから、手を持ち替えて変化させていく技になり、人差し指の付け根を受けの脈部に当て、極めて制します。

 

 

そんな正面打ち第四教のやり方(表技)は、右相半身の構えから、受けの正面打ちを右手刀で制し、左手で右肘を掴みます。
そして、受けの前に入身して前に進みながら、相手の右腕を円を描くように斬り下ろします。

 

 

次に受けの右肘を曲がるほうに力を入れながら、肘を制していた左手を滑らせて受けの右手首を掴み、脈部を制します。
左手の人差し指の付け根で脈部を制しながら両手で斬り下ろして崩します。
受けをうつぶせにし、相手の右手首の脈部を制し、受けの脇に左足を密着させ抑え込みます。

 

 

また、四教の表技は、受けの脈部を制して極めましたが、裏技では受けの橈骨部を制して極めます。
このようにするのは、裏技には転換の体さばきが入るために、表技との体の位位置関係が変わることで、手首を確実に極められる部位が変わってくるからです。

 

 

四教がしっかり効かせられないなら、押さえる箇所が間違っている可能性が高いです
その為、四教で正確に抑えるためにも、脈部と橈骨部の部位の違いを繰り返し稽古して手の感覚で覚えるようにしていきましょう。

 

 

なお、この合気道上達革命では、一連の動きから切り落としてしっかり効かせる四教を DVDの映像で分かりやすく解説してありますので、女性の方でもしっかり身につけて得意技にすれば、護身術としても有効でしょう。

 

topへ

合気道DVD!待望の第2弾がリリース

―合気道体術の研鑽と武器取りの世界―

【合気道本部道場長 植芝充央 指導・監修】


▼詳細は以下のバナーをクリック▼



前回の第1弾「合気道上達革命」より細かく体術を解説してあり、これまで解説してこなかった「武器取り」の技を多く収録してあります。

自宅でもできる稽古法も解説してあり、合気道を始めたばかりの方から有段者の方まで勉強になる内容になっています。

コロナ渦の現在において、自宅でDVDを繰り返して見て練習することで、きっと基本の体術や太刀や杖などの武器取りが上手になり、合気道が2倍、3倍楽しくなりますよ。