正面打ち第三教のポイント

正面打ち第三教の表技は、第二教と同様に第一教からの変化技になります。
その為、稽古では一教を意識しながら行うようにすると良いかと思います。

 

正面打ち第三教

 

二教との違いは、手首と肘関節を異なる方向にひねって極め、抑えるようにする点です。
そんな正面打ち第三教のポイントとなるのは、一教から変化させる手の持ち替えです。

 

 

正面打ち第三教のやり方としては、左相半身に構え、受けが正面打ちを振りかぶると同時に入身し、左手刀で手首を、右手で肘を制します。

 

 

そして、前進しながら受けの腕を斬り下ろし、左手を指先に持ち替えます。
左手でひねりを加えながら、受けの親指が上にくるようにしてから右手に持ち替えます。

 

 

その後、右手でひねりを加えながら受けの腕を斬り下ろし、同時に左足を大きく踏み出します。
左手で肘を制し、左足を軸にして受けの頭側までしっかり転換します。

 

 

左足を引きつつ重心を下ろして受けの体を落とし、うつぶせにします。
膝をつき、受けの肩を両膝で固定しながら、受けの左小手を右手から左手に持ち替えてひねります。
受けの左手を胸につけて右腕ではさみ抑えます。

 

 

また、正面打ち第三教の裏技は、側面に入身、転換する動作に腕の斬り下ろしを合わせて受けの姿勢を崩し、指先をひねりながら持ち替えていきます。

 

 

ポイントとなるのは、手の持ち替えを受けの側面で行うことです。そうすることで、その後の入身、転換で、受けの姿勢を十分に崩すことができるようになります。
常に膝を柔らかく使うことを意識しながら技を行っていきましょう。

 

 

なお、三教の腕の持ち方(掴み方)は、親指で受けの親指つけ根を握り、残りの4本の指で小手側の甲を掴むようにします。
受けの手と甲と自分の手のひらが密着するように持つことが大事です。