肩取り第二教のやり方

肩取り第二教の表技は、受けが取りの肩を掴んできた場合に使う技ですので、基本を押さえてしっかりマスターしておくことが大切です。
まず、相対し受けが取りの左肩を掴むと同時に、取りは右足を横に開き当身を入れ、転身しながら、当身を入れた手で受けの腕を斬り下ろします。

 

肩取り第二教

 

次に受けの小手を制しながら、もう一方の手で受けの肘を制し、受けの腕を丸く返しながら斬り下ろし、前進し受けをうつぶせにします。
両膝で肩を挟むようにして跪坐になり、受けの肩関節を極めて制します。

 

 

これが一連の肩取り第二教の表技のやり方の一連の流れです。
注意点としては、受けに左肩を掴ませた場合には、まず後ろ足の右足を開くと同時に右手で当身を入れていくようにします。

 

 

そして、受けがひるんだところを、すかさず当身の流れで右手刀を斬り下ろして、受けの姿勢を崩すようにしましょう。
足と手の動きは単独でするのではなく、転身の身体の捌きの流れで行うようにすることが大切です。

 

 

また、受けの肘に右手刀を当て斬り下ろして姿勢を崩したら、手刀を滑らせるようにして受けの手首を掴みます。
次に受けの手首を返して左手刀で肘を制します。

 

 

肘と手首の斬り下ろし、前に進む力を使って受けの姿勢を崩し、うつぶせにして膝をついて、第二教の抑えで制するようにします。
受けをうつ伏せにもっていくときには、自分の腹の前で肘を押して、体全体の力を乗せるようにしていきましょう。

 

 

また、第二教の抑えでは手の使い方はもちろん足の使い方も大切です。
受けをうつ伏せにしたら、膝をつき受け胴側の膝をわき腹に当て、もう片方の膝を首の付け根に当てるようにすることがコツです。

 

 

そうすることで受けの肩が固定され、力を逃すことなくしっかり抑えることが出来るようになります。

 

 

一方、肩取り第二教の裏技のポイントは、当身を入れた手で受けの腕を斬り下ろし、その手で受けの小手を制し、もう一方の手で受け肘を制しながら受けの腕を丸く返し、転換して受けの肘を斬り下ろします。

 

 

そして、受けの小手を肩につけ、受けの手首と肘関節を曲げ、手首関節を極めるようにしましょう。
表技は転身の体捌きと斬り下ろしを連動させて受けを崩し、裏技は入身・転換の体捌きと斬り下ろしで受けを崩すようになります。

 

 

この違いをしっかり押さえて肩取り第二教を繰り返し稽古していきましょう。

 

合気道上達革命の詳細を見てみる