後ろ反転受け身のコツ

合気道で受け身がしっかり出来ていますか?
特に合気道をはじめたばかりの初心者の人は、後方が見えない後ろ受け身は恐怖心からか上手く出来ないという人も多いかもしれませんね。

 

後ろ反転受け身

 

ですが、まずは後ろ反転受け身をしっかり出来るようにしておくことが大切だと思います。
この後ろ受け身は、半身の構えから片足をたたんで体を後方に倒して、転がった反動を利用して起き上がる技法です。

 

 

そんな後ろ反転受け身のやり方は、まず右半身に構え、左ひざを曲げて畳につけ、お腹をしっかり見て真後ろに転がり、その際に畳をしっかり叩くようにします。

 

 

この時の左ひざを曲げて片膝を畳につける時に気をつけなければいかないのは、膝下からつま先までを畳にぴったり密着させることです。
そして、後ろに倒れる時には、頭を畳みで打たないように、顎を引いて目線をお腹の帯に向けて体を丸く使い、衝撃をやわらげるようにすることがコツです。

 

 

また、足は天井に向けて、頭頂部を持っていきずぎないように肩まで畳についたら、その時の倒れた反動を使って背中に重心を戻します。
そして、重心を背中から腰に移して、左膝を床に接地させ、前に進むようにして右足を立てたち上がり、再度、右半身に構えるようにします。

 

 

以上が後ろ反転受け身の一連の流れです。
合気道では投げられたり、倒されたりするので、衝撃をやわらげて自分の身を守るのはもちろんのこと、次の動作に素早く移るためにも、技だけでなくしっかり受け身を練習しておくことが大切です。

 

合わせて読みたい関連記事

合気道上達革命の購入レビュー