合気道の運足(足さばき)

合気道でも運足はとても大切になります。
そして、合気道の技法を行う上での基本的な足さばきが送り足と歩足です。

 

運足

 

送り足は、左半身で構えた場合なら、左半身を維持したまま左足をすり足で一歩前に鋭く踏み出し、左足に体重が移らないうちに素早く右足を引きつける足さばきです。

 

 

この時のポイントは、前足の左足を踏み出した後の、後ろ足の右足を素早く動かすことです。
何故なら、後ろ足が残る時間が長くなれば、それだけ姿勢も不安定になる時間も長くなり、相手の動きに反応が遅くなってしまうからです。

 

 

その為にも、安定した姿勢である半身を常に意識することが大切でしょう。
一方、歩足は、半身の構えから左右の足を交互に前に出す足さばきです。

 

 

これもすり足で行いますが、左半身で構えたら、左足の付け根に重心を移しながら、右足を真っ直ぐに前に出し、左足を外側に回転させて右半身の構えになるようにします。

 

 

また、足だけではなく右手もやや前に出すようにします。このようにすれば相手に対して、攻撃される範囲を最小限に抑えることができますからね。
気をつけたいのは、足で進むのではなく、腰を前に運んでそれに足がついてくるというようなイメージでやるといいかと思います。

 

 

その他にも、半身の構えから、前足を軸にして、体を素早く180度回転させる転換足や、両足の親指の付け根を軸にして180度向きを変える足さばきである転回足もあります。
どちらも腰を回すようにして向きを変えるようにします。

 

 

どんな武道でも大切になるのが構えや運足(足さばき)などの基本動作だと思うので、この機会に合気道ならではの動きをしっかり身につけるといいかと思います。
そうすれば、その後の技もスムーズに上達できますからね。(^-^;