諸手取り呼吸法

合気道の呼吸法は、全身から生み出された力を効率よく発揮させる力である呼吸力を養う稽古法です。

 

 

諸手取り呼吸法の表技は、受けに手首を掴ませた瞬間に入身すると同時に手刀を斬り上げて、斬り下ろす方法です。
やり方の一連の動作の流れとしては、受けに左手首を諸手でつかまるのと同時に、左足を軸にして右手を受けの前足の側面に踏み出して、入身をします。

 

 

そして、足捌きに合わせて左手刀を自分の中心線で斬り上げます。
次に左足を踏み込み、重心を左足に移動しながら、弧を描くようにして体全体の力を左手刀に乗せながら斬り下ろし、受けを崩して投げます。

 

 

諸手取り呼吸法のポイントは、手首を掴ませてから手刀を斬り上げて、斬り下げる一連の動作で、手刀が自分の体の中心にくるようにすることです。
そうすることで、腕だけの力に頼ることなく体全体の力が使いやすくなります。

 

 

お腹から力を出すイメージで行うと、呼吸力がしっかり活かされるようになると思いますよ。
また、裏技では、相手が掴みにきた瞬間に入身して転換し、受けの側面で左手刀を自分の中心で斬り上げます。

 

 

入身、転換の体さばきと手刀の動きを合わせることが大切になってきます。
表技と同じように、受けを投げる時には、全身の力を手刀に集約するつもり斬り下ろすようにしましょう。

 

 

力を全く使わず綺麗に呼吸で投げる秘訣とは?

映像なら動きなども見て学べるので、ポイントやコツもバッチリ分かる。

 

合気道上達革命の詳細を見てみる