護身術のやり方

合気道は護身術として応用することが出来ます。
日本は諸外国に比べたら比較的に安全な国のようにみえますが、実際は窃盗、強奪、痴漢、暴行、強姦などの犯罪は、毎日どこかで起きています。
狙われやすい女性などの弱者は自分で身を守るしかありません。

 

ここでは合気道の動きを応用した護身術のやり方を紹介します。
但し、相手を打ち負かすのではなく、安全に逃れる為の術と考えて下さい。

護身術のやり方記事一覧

女性の方やご年配の方で、背後から腕を掴まれたり絡められた場合には、どのようにして対処して身を守りますか?例えば、見知らぬ男が背後からすり寄って腕を組んできた時などは、とっさに技をかけることが出来ませんよね。そのような場合は、抵抗する意志がないようにふるまって油断させておいてから、相手を後方に崩し技をかけるようにすると効果的です。やり方は、組まれた肘を曲げ、もう一方の手は相手の手首を持ち、両腕を組ん...

合気道を身につけておけば、殴りかかられた場合のとっさの対応での護身術としても効果的ですね。特に顔を殴られると肉体はもちろん、精神的なショックも大きく、その後にあらがう気持ちも失せてしまうものです。合気道をやっていない人は受ける側との馴れ合いでやっているのではと思っている方もいるかもしれませんが、実際に技をかけられればわかりますが、大きな筋力は必要ありません。そんな護身術のやり方としては、右手で殴り...