小手返しのやり方

小手返しが出来ますか?
この技は、受けの小手を掴んで返して投げ、すかさず倒れた受けをうつ伏せに入るという投げ固め技になります。

 

まずは、小手返しの動画をご覧下さい。↓↓

 

 

 

動画にもあるように逆半身片手取り小手返しのやり方は、受けが手首を掴んだ手を、両手刀を上手く使って外す動作がポイントでしょう。
手さばきがややこしいので、手の動きに気をとられがちになりますが、正確な足さばきが両手刀を活かすためにも大事になります。

 

 

入身や転換、受けをうつ伏せにする為に踏み出す時には、足さばきと重心移動を上手く行い、腕力に頼らないで体さばきを使って相手の体勢を崩すようにすること。

 

 

小手の返し方は、受けの薬指と小指の間に親指がくるように小手を掴みます。
そして、親指で受けの手の甲を押して返し、左手をかぶせます。
その後に、自分の体重をかけるように斬り下ろします。

 

 

また、正面打ち小手返しも体さばきは同じにとりますが、片手取りとの違いは受けの攻めで、取りは正面打ちに合わせて受けの手刀を制しながら、小手を掴んでいきます。
入身や転換などの体さばきに手刀を合わせて、体全体を使って受けを崩していくようにしましょう。

 

 

小手返しの抑え方は、第二教と同じで、右肘で内関節で受けの左手首を抱え、左手を肘に添えて極めて抑えるようにします。
どちらにしても、まずはさばけることでしょう。
これがしっかり出来るようにしておけば、一教をはじめとした他の技もすることが出来ます。

 

 

ただ、インターネットの動画などを見ると真剣に打ち込まず、さばきなどいい加減にやっているのも見受けます。
実践などで使えるような本当の技を極めたいなら、やはり合気道のトップの方やそれに近い方の指導を受けるか、道場に通えないという人ならDVDの動画を見て学んだほうが効率よく上達出来るでしょう。

 

 

この合気道本部道場長 植芝充央監修の合気道上達革命DVDでは、小手返しにおける入り方、手の取り方、転換、小手の返し方から二教に極めるまでの一連の流れを部分ごとに細かく解説してあり、とても分かりやすくなっています。

片手取りや正面打ちはもちろん、突き、横面打ち、後両手首取りそれぞれポイントが違い、コツがあるので、上手くなりたい方はとても参考になりますよ!

 

これぞ本物の小手返し!

 

合気道上達革命の詳細を見てみる