第一教のやり方

合気道の一教で相手をしっかり制することが出来ていますか?
第一教は、受けの攻撃線を外しながら手首と股関節を掴み、うつ伏せに抑える固め技の基本なので、初心者がまず身につけておくべき技ですね。

 

 

そんな受けの肘と手首をつかみ抑える、表の相半身片手取り第一教のやり方は、受けの側面に入身し、前に進む力を使いながら手刀を斬り上げ下ろすことで受けの姿勢を崩していきます。

 

 

一連の技の流れとしては、まず右相半身に構え、受けが前に踏み出して取りの右手首を掴みます。
次にその右手を手刀にして振りかぶり、弧を描くような感じで斬り上げて受けの脇を開かせ、右肘を浮かせるようにします。

 

 

このようにすることで、受け側の体勢を崩しやすくなります。
その後、側面に入身しながら左手を使って右の肘を制し、手刀を斬り下ろしていきます。

 

 

この時は、大きく弧を描くイメージで行うのがコツで、入身の体さばきの前に進む力を手刀に乗せて勢いをつけ、手首と肘を制しながら歩み足で前進しながら受けを崩していき、うつ伏せにします。

 

 

その後、腕を制しながら左肘をつき、受けの肩、肘、手首を畳につけ重心を下ろして跪坐になって抑えます。
また、一教では両手と両膝を使って抑えるようにします。

 

 

受けの腕が真っ直ぐになるように伸ばし、両手を使って手首と肘を押さえつけながら、両膝を相手の手首と脇に密着させて力が逃げないようにするのです。
但し、当て身の出し方、足の入る位置、姿勢、全てが揃って相手を制する事が可能になります。

 

 

合気道本部道場長 植芝充央監修の合気道上達革命DVDでは、片手取り第一教の動きの全てが細かく解説してあるのはもちろん、正面打ち、横面打ち、座技正面打ち、半身半立ち正面打ちなど第一教の基本技がしつかり映像で学べ、良いお手本になるでしょう。

 

第一教の相手を崩す位置分かっていますか?

 

合気道上達革命の詳細を見てみる