四方投げのやり方

四方投げのやり方をご存じですか?
これは様々な変化技の基本ともなるので、初心者の方は特にしっかり稽古して身につけておくことが大切です。

 

 

そんな合気道の元々の動きをよく表わす四方投げは、左右のどちらか一方の足を軸にして、四方八方へと受けを斬り分ける投げ技です。

 

 

その中でも、基本の相半身片手取り四方投げの表技のやり方は、入身の動作と手刀の動きを合わせることがポイントです。
まず、左相半身に構え、左手を受けに掴ませ、それと同時に左足を素早く開きます。

 

 

この時に、つかまれた手刀を活かしながらその手を受けの手首の上に持っていき、その流れから受けの手首をつかみ、左足を踏み込んで入身し、自分の額の前で手刀を振りかぶる姿勢をとります。
この時に、右手は受けの手首にの下から添えて、左手を助けるような感じで行うようにするとやりやすいです。

 

 

次に受けの左小手を両手で制しながら、体の向きを変えます。
そして、自分の足元に向けて両手刀を斬り下ろし、投げて残身をとります。
このように、受けの前方に入身して崩すのが表技になります。

 

 

一方、裏技の場合は、入身で受けの側面に入り、その後に手刀を活かしながら手首を掴んで転換し、振りかぶりの動作で受けを崩していくようになります。
転換では、受けと背中合わせになるつもりで体の向きを変えると良いでしょう。

 

 

なお、四方投げでは、振りかぶりから斬り下ろしまでの動作をする間は、掴んだ手首が自分の体の正面に常に来るようにすることがコツです。
そうすることで、力を中心に集めることができ、安定した状態で受けを崩すことが出来ますし、次の動作でもスムーズに移れます。

 

 

ただ、四方投げは正しい受けを取らないと危険です。
安全に受けるポイントを押さえておこなうことで、肘を痛めたりする怪我の危険も減り、審査や演武などでも技を受けきる事が可能になります。

 

 

この合気道本部道場長 植芝充央監修の合気道上達革命DVDでは、相半身はもちろん、逆半身、片手取り、横面打ち、両手取り、後両手首取り、半身立など、各四方投げのコツから正しい受けのポイントまで学べます!

 

正しい稽古法を知って、効率よく上達したい方へ

 

合気道上達革命の詳細を見てみる