入り身投げのコツ

入り身投げが上手く出来ますか?
これは受けの死角に入って、重心移動で受けの力を捌いて崩し投げる技です。

 

 

受けの攻撃に対してさばく動きを体さばきと言いますが、その中で基本となるのが受けの攻撃線を外し、前に進んで背後などの死角に入るのが入身です。

 

 

そして、片手取り入り身投げでは、片手を相手につかませた後に、一足目で受けの背後をとるように深く入身し、入った後は半身になることがポイントです。
このように深く入って、正面や側面から見た時に、受けと重なることを一重身と言います。

 

 

そんな片手取り入り身投げの一連の流れとしては、右相半身に構え、受けに右手首を掴ませるのと同時に、左足を踏み出し受けの背後まで回り込みます。
左手で首を掴んだら、踏み込んだ左足を軸にして素早く首を制しながら転換し、手刀で受けを導き崩します。(※転換とは、半身の構えから前足を一歩踏み出し、その足を軸として体を回転させる動き。)

 

 

そして、右手刀を下に斬り下ろし、首を掴んでいる左手を使い、受けを肩口に導き、右手刀を振りかぶり受けを崩します。
次に右足を大きく一歩踏み出し、手刀を斬り下ろし、投げて残身をとります。
また、手刀を斬り下ろして投げる時には、肘を曲げないように、前に力を出しながら、弧を描くようなイメージで行うのがコツです。

 

 

なお、正面打ちも片手取り入り身投げと同様に、取りが一重身になることがポイントで、正確に相手を崩せる位置までしっかりと入る必要があり、転換、首の持ち方、腕・足の出し方が全て揃ってこそ完璧な入身投げになります。

 

 

真の入身投げをお教えします!

 

合気道上達革命の詳細を見てみる