天地投げのやり方

合気道の正しい天地投げのやり方を理解していますか?
天地投げは、受けに両手を掴ませるのと同時に両手刀を上下に斬り分けて側面に入身して相手を崩す技です。

 

 

そんな両手取り天地投げのやり方は、右相半身で構え、受けに両手を掴ませたら、その状態から両手を上下に斬り分けながら入身します。
そして、受けを懐に入れるつもりで間合いを詰めながら上側の右手刀を斬り下ろしながら、右足を大きく踏み込み、両手刀で斬り下ろして投げます。

 

 

この時には一方の手は受けの内側から斬り上げ、逆側は受け後方の下に伸ばすようにして受けをしっかり崩しましょう。
投げ終わった後は、踵が浮かないようにして、しっかり残身を取るようにして下さい。

 

 

また、受けの両腕の斬り分けは呼吸法を活かし、自分の両手を上下に斬り分けるように行い、この場合なら右手は天に、左手は地に向けるようにするということです。
ですが、初心者がしてしまいがちな間違いで多いのが、斬り上げる手刀を受けの内側ではなく外側に出してしまうことです。

 

 

正しくは、振り上げた時に上の手は内側、下の手は外側になるようにします。
斬り上げる手刀が外に出ていると、受けを崩すことが出来ないので、この機会に正しい手や足の動きなどの体の使い方を覚えておきましょう。

 

 

なお、この合気道本部道場長 植芝充央監修の合気道上達革命DVDでは、逆半身の天地投げのやり方もしっかり映像で解説してあります。

 

 

両手取り天地投げを正しく身につけたい方へ

 

合気道上達革命の詳細を見てみる