合気道の基本技

ここでは合気道の基本技について見ていきます。
上達の参考になれば幸いです。

合気道の基本技記事一覧

入り身投げが上手く出来ますか?これは受けの死角に入って、重心移動で受けの力を捌いて崩し投げる技です。受けの攻撃に対してさばく動きを体さばきと言いますが、その中で基本となるのが受けの攻撃線を外し、前に進んで背後などの死角に入るのが入身です。そして、片手取り入り身投げでは、片手を相手につかませた後に、一足目で受けの背後をとるように深く入身し、入った後は半身になることがポイントです。このように深く入って...

四方投げのやり方をご存じですか?これは様々な変化技の基本ともなるので、初心者の方は特にしっかり稽古して身につけておくことが大切です。そんな合気道の元々の動きをよく表わす四方投げは、左右のどちらか一方の足を軸にして、四方八方へと受けを斬り分ける投げ技です。その中でも、基本の相半身片手取り四方投げの表技のやり方は、入身の動作と手刀の動きを合わせることがポイントです。まず、左相半身に構え、左手を受けに掴...

合気道の一教で相手をしっかり制することが出来ていますか?第一教は、受けの攻撃線を外しながら手首と股関節を掴み、うつ伏せに抑える固め技の基本なので、初心者がまず身につけておくべき技ですね。そんな受けの肘と手首をつかみ抑える、表の相半身片手取り第一教のやり方は、受けの側面に入身し、前に進む力を使いながら手刀を斬り上げ下ろすことで受けの姿勢を崩していきます。一連の技の流れとしては、まず右相半身に構え、受...

小手返しが出来ますか?この技は、受けの小手を掴んで返して投げ、すかさず倒れた受けをうつ伏せに入るという投げ固め技になります。まずは、小手返しの動画をご覧下さい。↓↓動画にもあるように逆半身片手取り小手返しのやり方は、受けが手首を掴んだ手を、両手刀を上手く使って外す動作がポイントでしょう。手さばきがややこしいので、手の動きに気をとられがちになりますが、正確な足さばきが両手刀を活かすためにも大事になり...

片手取り回転投げが上手く出来ますか?合気道の片手取り内回転投げは、相手に掴まれた瞬間に受けの側面に入身しながら手刀を斬り上げ、転回足て腰を回しながら斬り下ろし、受けの頭を下方に崩し、下にきた頭をもう片方の手を使って制して前方の投げに繋げます。(※転回足とは、半身の構えから、両足の親指の付け根を軸にして180度向きを変える足さばき)そんな片手取り内回転投げの一連の動作の流れとしては、まず半身で向き合...

合気道の正しい天地投げのやり方を理解していますか?天地投げは、受けに両手を掴ませるのと同時に両手刀を上下に斬り分けて側面に入身して相手を崩す技です。そんな両手取り天地投げのやり方は、右相半身で構え、受けに両手を掴ませたら、その状態から両手を上下に斬り分けながら入身します。そして、受けを懐に入れるつもりで間合いを詰めながら上側の右手刀を斬り下ろしながら、右足を大きく踏み込み、両手刀で斬り下ろして投げ...

固め技の正面打ち第二教は、手首と肩関節を鍛えるよにする第一教の変化技とも言えます。受けが正面から打ってきたのを斬り下ろし、第二教の手に持ち変える動きと、うつ伏せに倒してからの抑え方をしっかり身につけることが大切です。そんな正面打ち第二教のやり方は、右相半身で構え、相手が前に踏み出し正面打ちを打ってきたと同時に、右手は手刀を、左手は肘を下から掴んで制しながら右足でしっかり入身します。そのまま真っ直ぐ...